ドラマ!アンサングシンデレラ 10話 ネタバレ あらすじ 感想~重複癌を患っている瀬野に治験薬投与の話が出るのだが…~

アンサングシンデレラ -病院薬剤師の処方箋-

10話が放送されました!

前回は、瀬野が余命三ヶ月ということが分かり、治療法や薬は全てみどりに任せると言ってくれましたね!

今回は、瀬野の重複癌に効果が期待できる治験の話が持ち上がるのですが…。

来週いよいよ最終回です!

 

この記事で分かること

  • ネタバレ・あらすじ
  • まとめ・判明したこと
  • 感想
  • 無料で「アンサングシンデレラ」を見る方法

アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリーの1話~最新話はFODプレミアムで配信中です。(最新話は登録しなくても見れます。)
他のフジテレビドラマも見放題配信中です。

2週間以内に解約すれば月額無料です。*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は FOD サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/unsung/
目次

アンサングシンデレラ・10話の ネタバレ あらすじ

それでは「アンサングシンデレラ」10話のネタバレあらすじをご紹介します。

瀬野の癌に有効な治験薬の存在を知る!

瀬野が重複癌であることと、瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡、担当薬剤師はみどりだということが販田から薬剤部メンバーに伝えられた。
重複癌で厄介なのは標準治療が確立されていない副腎がんである。
既存薬の投与が始まったのだが、7週間後も、瀬野の病状は改善されていなかった。

そんな時、七尾がみどりに海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると話す。
しかし七瀬は治験薬の承認を得るためには三つの関門があると説明し、その中の一つは患者である瀬野の同意を取得することだった。
且つ、それら全ての責任をみどりが負うことを条件に、七瀬が口添えしてくれるということだ。

みどりはそれら全て承諾するのだった。

そんな中、心筋梗塞で倒れた丸岡はじめが妻の彩乃に付き添われて救急搬送されてくる。
瀬野は彩乃にはじめが服用している薬を医師か看護師に話すように告げ、彩乃はその通りにしたためはじめは一命を取り留めたのだった。

はじめは瀬野の隣のベッドに入院することになり、彩乃から話を聞いたはじめは瀬野にお礼を告げるのだった。

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部のメンバーに話すと、刈谷たちは承認へのハードルのあまりの高さに難色を示すのだが、みどりはこの治験薬に希望を見出していた。

その後、みどりとくるみははじめの服薬指導に行くのだが、はじめはあまりの薬の量の多さと、一生飲み続けなければいけないこと、費用が毎月五千円かかることに不満の態度を見せ、みどりとくるみを怒鳴りつけるのだった。

瀬野は、はじめの薬のリストを見せてもらい、「俺もこの病院の薬剤師なんです」と打ち明ける。

瀬野に治験の話をするのだが…。

みどりは、瀬野に治験薬の話をするのだが、瀬野は「断る。これは七尾副部長からの提案か。」と一蹴する。
するとそこに七尾がやって来て「やっぱりそういう反応だったか。どうやら瀬野副部長はお母様の件で僕を恨んでいるようですね。」と告げる。

瀬野が去った後、みどりは七尾から10年前に瀬野のお母さんに、七尾が治験薬を投与したのだが効果が無く亡くなってしまったことを聞く。

みどりは瀬野を追いかけるのだが、瀬野は「こんなことに時間を割くならもっと丸岡さんとか他の患者さんのことをきちんと見ろよ」と告げる。

みどりは畑中先生からも治験薬は諦めよう、緩和ケアに切り替えるべきかもしれないと告げられる。

その後、みどりが調剤室で一人で泣いているとくるみがやって来て、「どうしたんですか。らしくないですよ。葵さんはもっと落ち着いていて全ての患者さんに向き合っていて頼りがいのある先輩でしたよね。」と告げる。
みどりが「分かってる。だけど全然だめだ。」と答えると、くるみは「ほんま、全然だめやん。だけどそういう時のために私たちがいるんじゃないですか。」と微笑む。

刈谷がやってきて「葵、まだこの治験進めるつもり?」と聞かれ、みどりが肯定すると、刈谷も治験審査委員会に提出する資料を手伝ってくれるとのことだ。

くるみは丸岡さんを見てくれるといい、羽倉たちは調剤をやってくれると申し出てくれた。

みどりは、皆に感謝し、涙を流しながら「ありがとうございます。」と頭を下げるのだった。

その後、みどりと刈谷は畑中先生のもとに行き、治験薬を進めたいと告げ、「もう一度協力していただけませんか。」とお願いする。

くるみははじめの元に行き、「処方変更のご提案があります。」と告げ、はじめの負担が少しでも減るようにと新しい薬のリストを見せる。値段も一日97円減、一ヶ月で3007円に抑えた。

そしてくるみは「色んなことを諦めて欲しくないと思いました。」と告げ、はじめはくるみの真摯な対応に感謝し、心を開いてくれるのだった。

治験審査委員会の日を迎える!

治験審査委員会の日がやってきた。

ここで承認を得ることが出来なければ治験の話はなくなってしまう。

まずは畑中先生がこの薬の説明を皆にする。

その頃、瀬野は痛みと戦っていた。すると小野塚が瀬野のお見舞いに来て、先日販田の面接を受け、もうすぐここの病院で働くことを報告する。
そして「僕は、瀬野さんの下で二年間働いて、救急認定薬剤師の資格を取ろうと思っています。だから絶対に戻ってきてください。」と告げるのだった。

治験審査委員会では豊中先生も皆に力説をしてくれた。

質疑応答の時間になり、一人の医師から「被験者はこの病院の薬剤師ですよね。身内のために進めようとしてるんじゃないですか。」と意地悪な質問をされてしまう。

みどりは反論するが、納得してもらえずブーイングが起こる。

すると七尾が「治験というのは一人の患者のために行われるわけではありません。他にも同じ病気で苦しんでいる人がいるんです。私はずっと治験薬に携わってきました。なかには治験薬を使っても助からなかった患者さんもいました。皆さんの大切な日常を守るために、人類の未来のために、私は今回の治験が必要だと考えます。」と頭を下げる。

治験審査委員会終了後、販田は七尾にお礼を言い、「10年前、瀬野くんのお母さん…沙織先輩を助けられなかった時、あなたが一番悔しかったはず。だから瀬野くんのことは、助けたいと思っているんでしょう。」と告げるのだが、ひねくれ者の七尾は肯定はしなかった。

その後、治験審査委員会で無事に治験薬が認められ、そのことを畑中先生やみどり、薬剤部のメンバーは瀬野に報告に行く。

皆に「戻ってきてください。」と言われた瀬野は「畑中先生、治験をお願いします。」と告げるのだった。

瀬野が姿を消してしまう!

いよいよ治験薬・FP258を瀬野に投与する日が来たのだが、なんと瀬野が姿を消してしまった。

みどりが探しに行くと、瀬野は病院を抜け出し、お母さんの墓前にいた。

そして「俺は、治験をやらない。」と告げ、みどりは「私も何度かこのお墓には気ています。瀬野さんのお母さん、沙織さんは白血病を患っていた私の妹の担当薬剤師でした。私は沙織さんの前でだけは辛いことや悲しいことを全部吐き出すことができました。それから薬剤師を目指しました。でも薬学部に入った時、沙織さんが抗がん剤治療を受けているって連絡を受けて、その時約束したんです。私は沙織さんのような薬剤師になりたいですって。」と話す。

瀬野に「守れたのか?」と尋ねられたみどりは「全然です。でも瀬野さんから今までずっと色んなことを学びました。瀬野さん、本当の気持ちを教えてくれませんか。」と告げる。

瀬野は「ただ、単純に辛いんだよ。色んな患者さんの抗がん剤治療に関わってきた。でも実際やってみると生易しいものじゃなかった。先の見えない治療がこんなに辛いなんて。もう生きてることが辛い。希望もない。治る可能性もないのにいつまでこの苦しさに耐えなきゃいけないんだろう。もう、頭がおかしくなりそうなんだよ。治験なんてやったら今まで以上の苦痛が待ってるかもしれない。俺の母親は治験薬をやっても何も改善しなかった。最後は涙目で緩和ケアを求めてきた。あんなの無理だって。怖いんだよ、俺は
。情けないだろ。散々えらそうなこと言っておいてこのざまだよ。」と泣きながら話す。

みどりも涙も浮かべながら「いいえ。話してくれてありがとうございます。私たちはここからです。瀬野さんの本当の気持ちを知ることができました。ここからようやく一緒に病気と闘うことができます。瀬野さん一人で抱えないで、全部話してください。瀬野さんがどんな道を選んでも、全力でサポートさせていただいます。だからどうか、もっと私たちを頼ってください。」と告げる。

みどりは瀬野を連れて薬剤部に戻り、皆明るく瀬野に声をかける。
瀬野は涙目になり「薬剤師ってのは、やっぱり必要だよな。…ご迷惑をおかけしました。俺は治験を受けます。皆さんに全て任せます。よろしくお願いします。」と頭を下げる。

その後、瀬野はFP258の投与を受けるのだった。

二年後

くるみは頼れる先輩に成長していた。
小野塚も立派に働いていた。

そんな中、心春がなんと薬剤部に研修にやってきた。

しかしみどりと瀬野の姿はそこには無かった。
心春が「あの、葵さんと瀬野さんは?」と尋ねると、皆静まり返ってしまう。

すると刈谷が「いない。あの二人はもういない。薬剤部はバラバラになったの。」と告げるのだった。

 

映画ドラマ見逃し配信無料のワンダフル
アンサングシンデレラ!ネタバレ 最終回 11話 あらすじ 感想~あれから二年、みどりと瀬野は今どこに?~【...
アンサングシンデレラ!ネタバレ 最終回 11話 あらすじ 感想~あれから二年、みどりと瀬野は今どこに?~【...テレビドラマ アンサングシンデレラ-病院薬剤師の処方箋-最終回11話が放送されました!前回のラストで、瀬野の抗がん剤治験薬の投与を開始することになり、それから二年が...

無料で観る方法はこちら

https://boku-wonderful.jp/unsung/

アンサングシンデレラ 10話・箇条書きでまとめ

「アンサングシンデレラ」10話で判明したのは以下になります

・瀬野の母・沙織はみどりの妹の担当薬剤師であり、みどりは沙織に憧れて薬剤師を目指した。

・瀬野はFP258という治験薬投与を受ける。

二年後、みどりと瀬野の姿は薬剤部にはなかった。

アンサングシンデレラ・10話の感想

今回はとても苦しいシーンがたくさんありました。

瀬野がお母さんの墓前の前で、抗がん剤治療が辛いこと、治験をしたらもっと辛くなるのではないかと泣きながら語るシーンが、とても胸が苦しくなりました。

治る見込みがないのに、先の見えない治療をし続けるのって本当に辛くて苦しいものだと思います。きっと経験してみないと分からない程の苦しさなのでしょう。

でもみどりのおかげで瀬野は治験を受けることに決めてくれて良かったです!しかし、それから二年後、瀬野はどうなったのでしょうか。

症状が改善されていればいいのですが…。

みどりも薬剤部にはいなかったですし、一体なにがあったのでしょう。

来週はいよいよ最終回です!とても楽しみにしております!

映画ドラマ見逃し配信無料のワンダフル
アンサングシンデレラ!ネタバレ 最終回 11話 あらすじ 感想~あれから二年、みどりと瀬野は今どこに?~【...
アンサングシンデレラ!ネタバレ 最終回 11話 あらすじ 感想~あれから二年、みどりと瀬野は今どこに?~【...テレビドラマ アンサングシンデレラ-病院薬剤師の処方箋-最終回11話が放送されました!前回のラストで、瀬野の抗がん剤治験薬の投与を開始することになり、それから二年が...

皆の感想・レビュー


七尾副部長に感動です。

涙無しには、視聴することが出来ない程、心動かされる良いストーリーでした。今回一番感動したのは、治験審査会の場での、七尾副部長のスピーチでした。凄く心が入っていてめちゃめちゃ感動し、涙腺大崩壊でした。そして、治験審査をクリアして、FP258を利用出来ると決まったなかでの、瀬野さんのお母さんの墓前でのセリフ•••特に、辛い、怖い、不安で仕方ないという素直さに、めちゃめちゃ心奪われました。本当に素敵なストーリーでした。

 


副作用の痛みはつらそう

瀬野さんの本格的な治療が始まり、痛みに耐えているところが見ていてつらかったです。治験薬は導入したければすぐに試せるものだと思いましたが、そういうわけではないんですね。審査がいろいろあることを知り、勉強になりました。メンタルが強そうな瀬野さんが泣きながら副作用の痛みがつらい、と言っているところを見て、病気との戦いは本当に過酷だなと感じました。医療関係者で病人をいつも目の前で見ていても自分のことは違うんでしょうね。次回の2年後、葵さんが病院をやめていてびっくりしました。最終回が気になります。瀬野さんと結婚していたりして!

 

「アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリー
アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリーの1話~最新話はFODプレミアムで配信中です。他のフジテレビドラマも見放題配信中です。

2週間以内に解約すれば月額無料です。*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は FOD サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/unsung/

原作漫画もebookjapanで9月24日まで無料!

 

アンサングシンデレラ 1巻

ebookjapanは初回クーポン+ポイントが沢山つくから一気買いするならお得です!

 

無料で視聴できる放送中・放送予定のドラマ一覧

 

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる