アンサングシンデレラ!ネタバレ 最終回 11話 あらすじ 感想~あれから二年、みどりと瀬野は今どこに?~【最終話!】

テレビドラマ アンサングシンデレラ-病院薬剤師の処方箋-

最終回11話が放送されました!

前回のラストで、瀬野の抗がん剤治験薬の投与を開始することになり、それから二年が経過しましたね!

薬剤部に心春が研修にやって来ましたが、そこにはみどりも瀬野もいませんでした。

瀬野はその後どうなったのでしょうか?みどりは一体どこに…?

いよいよ最終回です!

 

この記事で分かること

アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリーの1話~最終話はFODプレミアムで配信中です。(最新話は登録しなくても見れます。)
最終回が終わった今オリジナルストーリーも合わせて一気観してはいかがでしょうか。
他のフジテレビドラマも見放題配信中です。

2週間以内に解約すれば月額無料です。*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は FOD サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/unsung/
目次

アンサングシンデレラ・最終話 11話の ネタバレ あらすじ

それでは「アンサングシンデレラ」最終回11話のネタバレあらすじをご紹介します。

原作漫画もebookjapanで10月7日まで1巻無料!

アンサングシンデレラ 1巻

ebookjapanは初回クーポン+ポイントが沢山つくから一気買いするならお得です!

みどりは田舎の小さな病院で働いていた!

瀬野の抗がん剤治験薬を始めてから二年が経過した。

みどりは、萬津産婦人科医院で働いており、この日も忙しなく駆け回っていた。

みどりの元に小野塚が訪ねてきて、お昼を一緒に取ることになった。
小野塚はみどりに萬津総合病院に戻って来るよう促すが、今の仕事が大事だからと断る。
みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。

そんな中、35週目の初産婦、先坂千歳が家でお腹を打って倒れたと運び込まれてきた。
千歳にはてんかんの持病があった。
母子ともに問題はなかったが、倒れた理由はてんかんが原因だと聞いたみどりは、薬を服用しているかと尋ねる。
千歳の母・世津子は服用していると答えたが…。

入院した千歳は、こっそり抗てんかん薬を捨てていた。
それを同室の星名優が見てしまった。
しかし、みどりが千歳に服薬していることを確認すると、千歳は服用していると嘘をついていた。

その後、みどりは同僚から「なんでこんな田舎の病院に来たの?」と問いかけられ、瀬野の治験薬投与を開始したものの上手くいかなくなり、みどりが責任を取る形で病院を去ったと説明する。つまり左遷である。

皆、瀬野がその後どうなったか聞きたかったが、聞ける雰囲気ではなかった。

千歳が母に反発!

販田は薬剤部の皆に「葵さんがこちらに戻ってくる許可が下りました」と言うが、皆の反応は静かだ。
先日、小野塚がみどりにこっちの戻ってこないかと聞きに行ったが、断ったことを皆知ってるからだ。

薬剤部は相変わらずの人手不足であり、販田は「なんとしても葵さんに戻ってきてもらわないと!」と決心するのだった。

一方、星名優は、千歳の様子がどこかおかしいことが心配になり、みどりに千歳が薬を捨てていたことを報告する。
千歳は母・世津子に厳しくしつけられており、自分がてんかんを患っていることに引け目を感じていた。

みどりは、千歳になぜ薬を捨てていたのか優しく問いかける。
千歳は「7年間も発作が起きてないし、薬を飲まなくても平気だと思ったから。薬を飲まなければ私も普通の妊婦さんになれると思ったんです。馬鹿ですよね、本当。」と告げる。

みどりは「千歳さん、誰のために出産をがんばるんですか。自分が普通だって証明するためじゃないですよね。」と告げ、
千歳は泣きながら「この子のためです。」と答える。
みどりは「これからは薬をきちんと飲んで、赤ちゃんのためにがんばりましょう。」と微笑み、千歳は力強く頷く。

その夜、千歳と優は二人でおしゃべりをすることに。
千歳は「私、てんかんの持病があって。」と告げると、優は「あ、私保育士やってて、てんかん患っている子供もいたからちょっと勉強したよ。」と告げると、千歳はてんかんという病気を理解してもらえたのが嬉しくて笑顔になる。

それから2人はお互いの身の上話をする。

千歳は「てんかんを患った日から、私は母にとって普通の子供ではなくなってしまったんです。あなたは普通じゃないんだからって言われ続けて染み付いてしまって。不安なんです。普通に出産して普通に育てられるか。」と心の内を明かすと、優は「そんなの皆一緒だよ」と微笑みながら千歳の手を握りしめ、励ます。
明るい優に千歳もつられて笑顔になるのだった。

2人の会話を、病室の外で千歳の母・世津子が聞いていた。

翌日、千歳と世津子はみどりと医師と、出産や出産後の生活について話しあっていた。

世津子は、抗てんかん薬を飲んでいたら母乳はだめですよね、と書籍からの情報をそのまま告げ、みどり達は必死に母乳はあげても大丈夫ですと説明する。しかし世津子は納得しない。

挙句に、この子は普通じゃないからと何度も捲し立て、たまりかねた千歳は「もういい加減にして!この子と2人で生きていくから!お母さんの手は借りない!」と告げ、去って行く。

 

千歳が破水してしまう!

数日後、販田が萬津産婦人科医院にやって来るが、みどりはちょうど不在にしていた。
販田は萬津産婦人科医院の医師や看護師たちに「今日はお願いがあって来ました!」と頭を下げる。

その頃、みどりは千歳の実家に行き、世津子に会いに行っていた。
「なんのご用ですか?」と尋ねる世津子に、みどりは「世津子さん最近いらっしゃらないから。千歳さんの赤ちゃん元気に育ってますよ。」と答えるが、「私にはもう関係のないことですから。」と世津子は告げる。

家に上がらせてもらったみどりは、段ボールが山積みになっており不思議に思うと、世津子は引っ越しの準備にしているのだという。
千歳とは離れて暮らすことにしたのだ。

みどりは「育児には助けが必要なんです」と必死に止めるが、世津子は「私の言動が、あの子をみじめな気持ちにさせていたとようやく気付きました。だから今は離れて暮らす方がいいと思ったんです。」と告げる。

世津子はみどりに千歳の着替えと、そして安産祈願のお守りを託す。

みどりは病院に戻り、千歳に着替えとお守りを渡し「もう一度お母さんと話てみませんか。」と告げるが、千歳は「今更いいんです。」と告げる。

間もなくして、千歳は破水してしまい急いで対応することになるのだが、田舎の小さい病院ゆえのハプニングが続いてしまう。

みどりは急いで近くの病院で足りない薬を調達しに行き、一旦戻ると、また出かけていく。

みどりは世津子を連れてきたのだ。

世津子は「千歳!しっかりね!」と声をかけ、千歳は安産祈願のお守りを握り締めていた。

千歳が病室で目を覚ますと、世津子が横にいた。

みどりもやってきて「赤ちゃん、元気ですよ。今新生児室にいます」と微笑む。

世津子は「もう帰るから。じゃあね。身体、気をつけて」と告げるが、千歳は「連れてって。赤ちゃんのいるところ、連れてって。」と告げる。

 

みどりの元にやってきたのはあの人!

赤ちゃんは2030gと小さめだが元気な女の子だ。
それでも千歳は自分のせいで小さく産んでしまったと赤ちゃんに謝るが、世津子は「あなたのせいじゃない。」と抱き締め、千歳も「ありがとう」と涙を流し、二人は和解するのだった。

そして退院の日、千歳は世津子と赤ちゃんと元気に退院していった。

その後、医師や同僚達はみどりに「あんたはよくやってくれた。ここじゃなくてもっと大きな病院に行くべきよ。瀬野さんのことは残念だったけど、あんたのせいじゃないよ」と告げられる。
しかしみどりは「私はまだここで働きたいです。新しい命が産まれる場所だから、家族と深く関わっていきますよね。私が尊敬していた薬剤師さんは家族とも深く関わっていたんです。それと皆さん勘違いされていますけど、瀬野さんは…。」と告げる。

すると後ろから瀬野がやってきて「葵」と声をかけられる。

瀬野は生きていたのだ!

瀬野とみどりは二人で外に出て話をする。
瀬野はリハビリを経て、来月から萬津総合病院に復帰することになったとみどりに告げる。

みどりは「長い闘病生活本当にお疲れさまでした。」と頭は下げ、瀬野は笑う。

瀬野は「小野塚の誘い断ったんだってな。皆、待ってるみたいだぞ。」と告げるが、みどりは「ここでもっと勉強して、沙織さんのような理想の薬剤師になれたら戻ろうと思います。」ときっぱりと告げる。

そして瀬野は帰り際、「葵、ありがとな!」と微笑み、みどりも満面の笑みで「いえ!」と答えるのだった。

月日は流れ、みどりは萬津総合病院に戻る。そこには瀬野もいて、今日も皆、患者さんと患者さんの家族のために一生懸命働くのだった。

 

「アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリー

無料で観る方法はこちら

https://boku-wonderful.jp/unsung/

アンサングシンデレラ 最終話 11話・箇条書きでまとめ

「アンサングシンデレラ」最終回11話で判明したのは以下になります

・みどりは瀬野の治験薬を巡り、責任をとる形で萬津総合病院から萬津産婦人科医院に左遷されていた。

・瀬野は生きており、リハビリを経て萬津総合病院に復帰することに。

みどりは萬津総合病院に戻ることになり、瀬野達とともに今日も元気に働いている。

アンサングシンデレラ・最終回 11話の感想

ついに最終回を迎えました!

みどりは左遷されて田舎の病院で働いていたのですね。しかしとても良い病院で、同僚たちも皆良い人でしたね!

また、瀬野が生きていてくれたことが本当に嬉しいです!先週のラストの感じでは、やはり瀬野はだめだったのかな…と思っていたので、瀬野が登場した時は本当に嬉しかったです!

しかも職場復帰できるまで回復していたので、すごいですよね!

そしてラスト、みどりがまた萬津総合病院に戻り、瀬野や小野塚、そして皆と一緒に働いている姿が見れて良かったです!

こちらのドラマは毎週感動して毎週泣いていました。それほど素晴らしいドラマでした!

皆の感想・レビュー

満足できたドラマ

先週の最後で、葵が薬剤部からいなくなって終わったので、最終回はどうなるのか不安でした。新しい場所で成長した葵が見れてよかったです。そして、小野塚さんが薬剤部で活躍していて最初から見ていたので、小野塚さんも成長したな~と感じました。なんといっても心配した瀬野さんが無事でよかったです。仕事復帰もできて悲しい展開にならなくてよかったです。最後に薬剤部全員が同じ場所に戻り、またみんなで仕事ができているのが見れてホッとしました。またスペシャルでもいいので、続編が見たいです。

 

「アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリー
アンサングシンデレラ」と配信限定のオリジナルストーリーの1話~最終話はFODプレミアムで配信中です。他のフジテレビドラマも見放題配信中です。
最終回が終わった今オリジナルストーリーも合わせて一気観してはいかがでしょうか。

2週間以内に解約すれば月額無料です。*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は FOD サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/unsung/

原作漫画もebookjapanで10月7日まで1巻無料!

 

アンサングシンデレラ 1巻

ebookjapanは初回クーポン+ポイントが沢山つくから一気買いするならお得です!

 

無料で視聴できる放送中・放送予定のドラマ一覧

 

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる