「麒麟がくる」24話 ネタバレ あらすじ 感想!~揺れ動く野心に飲み込まれていく覚慶~大河ドラマ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる
24話が放送されました!

この記事で分かること
  • ネタバレ・あらすじ
  • まとめ・判明したこと
  • 感想
  • 無料で「麒麟がくる」を見る方法

 次回25話ネタバレはこちら

あわせて読みたい
「麒麟がくる」25話 ネタバレ あらすじ 感想!~光秀、母の牧と故郷の地を踏む~大河ドラマ
「麒麟がくる」25話 ネタバレ あらすじ 感想!~光秀、母の牧と故郷の地を踏む~大河ドラマNHK大河ドラマ「麒麟がくる」25話が放送されました! 次の将軍になるのが足利義昭か、それとも義栄かで各勢力がどう動いていくのかや、明智光秀が足利義昭を奉じて上洛...

麒麟がくる」の1話~最新話はU-NEXTのNHKオンデマンドで配信中です。
このページのリンクで登録すると、通常600ポイントのところ1000ポイント貰えるので、そのポイントを使用し30日間以内に解約すれば月額無料です。
*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は 公式 サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/kiringakuru/
目次

大河ドラマ「麒麟がくる」24話 ネタバレ あらすじ

室町幕府13代将軍、足利義輝、京の二条御所に儚く散る、そして光秀は・・・

永禄八年五月(1565年)、三好長慶の子の義継により室町幕府13代将軍の足利義輝が京の二条御所にて急襲され、剣の達人でもあった義輝は奮戦するも、多勢に無勢は明らかだったため義輝は30歳という若さで儚く散って逝きました。

その知らせを聞いた越前の明智光秀は、その暴挙に激しく怒りを覚え、首謀者の一人と察した大和の国の松永久秀の元を訪ねると、責めをおうと答える久秀から鉄砲で撃てと光秀は言われましたが、長い付き合いと恩義もあり撃つ事は出来ませんでした。

そして久秀から次の将軍に最も近い一条院覚慶の存在を光秀は知るのでした。

 

動乱の予兆、揺れ動く野心に飲み込まれていく覚慶

義輝が暗殺された永禄の変の後、義輝の弟の一条院覚慶を将軍に擁立しようとする細川藤孝ら幕府奉公衆と、いとこの義栄を傀儡の将軍にと画策する三好一派との間で対立が大きくなりつつある中、大和の国を治める松永久秀は、三好一派により興福寺に幽閉されていた覚慶に対面すると、

武家の棟梁になる事に戸惑いを感じている様子を見ながらも、死にたくないという本心を聞き出し、細川藤孝らと示しあわせて覚慶を幽閉先から逃がして甲賀の和田惟政の館で匿わせる事に成功したのでした。

駒の元に居た伊呂波太夫が迷う関白の近衛前久に助言する

京の町医者の望月東庵の所で暮らしていた駒の元へ、駿河の芳仁から教わった秘薬の注文をしに来た伊呂波太夫は、三好一派から義栄を将軍にと迫られていた関白の近衛前久から、どうすればいいかと相談されると、

姉弟の様に育った伊呂波太夫は、前久の身を案じながらどちらが将軍になっても武士ではない自分達には関係がない事だと助言をした後、帝に拝謁した前久は、次の14代将軍に三好一派が担いでいた義栄を推挙したのでした。

光秀、将軍擁立に担ぎ出された覚慶を見極めた、その答えとは

甲賀の和田惟政の館で、履き物も履かずに外へ飛び出していた覚慶と初めて出会った光秀は、覚慶から自分に将軍が務まるかと尋ねられました。
死ぬのが怖く戦も好きではないと話す覚慶に、光秀は一言も答えずに館へ帰って行く覚慶を見送りました。

越前の一乗谷に帰った光秀は、朝倉義景から覚慶を次の将軍として越前に迎えるつもりだと告げられると、それを光秀の感じた目で決めると義景から言われた光秀は、亡き義輝とはまるで器が違うと感じた事から「次なる将軍の大任、あのお方はいかがとは存じます」と否定し、義景に覚慶を見極めた答えを明かすのでした。

 次回25話ネタバレはこちら

あわせて読みたい
「麒麟がくる」25話 ネタバレ あらすじ 感想!~光秀、母の牧と故郷の地を踏む~大河ドラマ
「麒麟がくる」25話 ネタバレ あらすじ 感想!~光秀、母の牧と故郷の地を踏む~大河ドラマNHK大河ドラマ「麒麟がくる」25話が放送されました! 次の将軍になるのが足利義昭か、それとも義栄かで各勢力がどう動いていくのかや、明智光秀が足利義昭を奉じて上洛...

朝ドラ「麒麟がくる」24話・箇条書きでまとめ

「麒麟がくる」24話で判明したことは以下になります

  • 足利義輝が三好一派により暗殺された
  • 駒の作る秘薬が更に飛ぶように売れていた
  • 近衛前久が帝に14代将軍に義栄を推挙した
  • 光秀は覚慶は将軍の器には向かないと朝倉義景に報告した

「麒麟がくる」24話の感想

覚慶こと後の15代将軍の足利義昭が、将軍にはなりたくないが、なるしか道は無いという葛藤にさいなまれていた様子に、武士として暮らして来なかった素直な不安が共感出来て興味深く見られました。

次の将軍をめぐっての様々な人物が野心から動く展開も、これからどんどん激しくなりそうだと感じられ、次回も楽しみになった24話でした。

皆の感想・レビュー


みんなで噛みしめる無力感

見ていて無力感でいっぱいになる回でした。全力で戦った義輝。全力で駆け回る十兵衛。生きようと必死な義昭。足利の嫡流を守るのに一生懸命な三淵、藤孝。五摂家筆頭の務めを果たそうと迷走する前久。みんなが一生懸命なのに閉塞感がある。そういう回とは思いますが、なんだかやるせない。タイトルの「将軍の器」ですが義昭のことを指しているとすれば、少し酷でしょう。兄弟の骨肉の争いを防ぐ為の足利の習わしで後継者以外は全員出家、幼少期から寺で僧侶となるべく教育されていきなり「武家の棟梁」にふさわしい振る舞いができたら逆に怖い。後年のあの行動力を考えれば逆に感慨深いものがある。

麒麟がくる」の1話~最新話はU-NEXTのNHKオンデマンドで配信中です。
このページのリンクで登録すると、通常600ポイントのところ1000ポイント貰えるので、そのポイントを使用し30日間以内に解約すれば月額無料です。
*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は 公式 サイトにてご確認ください。

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる