朝ドラ「エール」第14週 ネタバレ あらすじ 感想!~五郎と梅の恋の行方と新たな選択とは~66話-70話

NHKの朝ドラ「エール
第14週が放送されました!

第14週「弟子がやって来た!」66話~70話の1週間分のネタバレ感想になります。

古山裕一の初めての弟子となった五郎と、新人小説家として上京した梅とのギクシャクした関係から、恋を飛び越え結婚へと発展していく過程がドキドキハラハラしながら楽しめた14週目でした。

この記事で分かること
  • ネタバレ・あらすじ
  • まとめ・判明したこと
  • 感想
  • 無料で「エール」を見る方法

エール」の1話~最新話はU-NEXTのNHKオンデマンドで配信中です。
このページのリンクで登録すると、通常600ポイントのところ1000ポイント貰えるので、そのポイントを使用し30日間以内に解約すれば月額無料です。
*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は 公式 サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/yell/
目次

朝ドラ「エール」第14週 ネタバレ あらすじ

裕一の初の弟子、五郎と関内梅との関係は・・・

水戸の雑穀問屋で奉公していた田ノ上五郎が何度も弟子になりたいと訪ねて来たのを、根負けして弟子にする事にした古山裕一でしたが、そんな時、妻の音の妹、関内梅も第16回文藝ノ友新人賞を授賞し上京して同居する事になりました。

娘の華になつかれ、すっかりムードメーカーの様な存在になった五郎に梅は2作目の執筆でピリピリしていた事もあり、二人の関係は最悪とも呼べる関係となるのでした。

 

五郎、己の限界を知る

耳は良いが作る曲はどこかで聴いたモノばかりで、裕一は弟子の五郎にどう教えてよいか思い悩んでいました。
梅は新人賞の授賞式で小学校の友人だった幸文子こと結と再会したものの、ライバル心むき出しの彼女に戸惑いながらも世間知らずを克服しようと佐藤久志とデートをしました。

その後、五郎はなかなか作曲が上手くいかず、プロデューサーの廿日市誉からも才能が無い者には厳しい世界という事を聞き、考えた挙げ句、裕一にお詫び状を渡し、これ以上ご迷惑はかけられないと話して古山家を去る事にしたのでした。

 

五郎と梅の恋の行方と新たな選択とは

下駄の鼻緒を直してくれたり裕一を尊敬していると話す五郎が密かに自分の小説を読んでくれていた事を知った梅は、そんな五郎から素晴らしい小説を書く才能と人を慈しむ心があるからもっと人を好きになって欲しいと言われました。

五郎を放っておけないという自分の気持ちに気付いた梅は、出て行った五郎と結婚する事を決め一緒に豊橋へ帰るという選択をしました。

その後、五郎が関内馬具店の跡取りとして修行する中、梅は2作目の「花柱の夜に」という新作を書き上げ全国出版されたのでした。

あわせて読みたい
朝ドラ「エール」71話 ネタバレ あらすじ 感想!~日中戦争の影と、吟と夫の訪問~第15週
朝ドラ「エール」71話 ネタバレ あらすじ 感想!~日中戦争の影と、吟と夫の訪問~第15週NHKの朝ドラ「エール」71話が放送されました!第15週「先生のうた」71~75話今回は、古山裕一が「船頭可愛いや」以来の大ヒットの「露営の歌」に廻り合い、少しずつ生活...

朝ドラ「エール」第14週・箇条書きでまとめ

「エール」第14週で判明したことは以下になります

  • 五郎は奉公先から逃げ出して来た
  • 梅と久志がデートしていた
  • 梅は五郎と相思相愛となり、五郎を関内家の跡取りにして結婚する事を決めた
  • 2作目の小説「花柱の夜に」を、梅は全国出版してもらった

朝ドラ「エール」第14週の感想

田ノ上五郎と関内梅が初めは犬猿の仲の様に見えましたが、互いに良い所を知る中で次第に惹かれた二人が結婚まで突っ走るという急転直下な展開にドキドキしながら楽しめました。

華が五郎がまた弟子入りに来ると予想したり、五郎が梅の事が好きだと梅に教えてあげたりと、華のなかなか鋭い観察眼にも驚きながらも笑って見られたのも良かった14週目でした。

エール」の1話~最新話はU-NEXTのNHKオンデマンドで配信中です。
このページのリンクで登録すると、通常600ポイントのところ1000ポイント貰えるので、そのポイントを使用し30日間以内に解約すれば月額無料です。
*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は 公式 サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/yell/

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる