スーツ2 11話 ネタバレ あらすじ 感想~ひき逃げ事故の真相は? ~

スーツ2 11話が放送されました!

クライアントの息子がひき逃げ事故を起こしてしまい、示談交渉を進める甲斐と鈴木。

示談が成立しかけたものの、息子はドラッグをやっていたことが判明し…

次回12話ネタバレ記事

映画ドラマ見逃し配信無料のワンダフル
スーツ2 12話 ネタバレ あらすじ 感想~蟹江がファームを移籍する? ~ | 映画ドラマ見逃し配信無料のワン...
スーツ2 12話 ネタバレ あらすじ 感想~蟹江がファームを移籍する? ~ | 映画ドラマ見逃し配信無料のワン...スーツ2 12話が放送されました!上杉が去ったことで、クライアントが離れていこうとする上に弁護士たちまで引き抜きにあいます。引き抜きに副島が関与していることを知った...

この記事で分かること

  • ネタバレ・あらすじ
  • まとめ・判明したこと
  • 感想・レビュー
  • 無料で「スーツ2」を見る方法

ドラマ「スーツ」1全話と2の1話~最新話はFODプレミアムで配信中です。他のフジテレビドラマも見放題配信中です。

2週間以内に解約すれば月額無料です*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は FOD サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/suits2/
目次

スーツ2・11話の ネタバレ あらすじ

それでは「スーツ2」11話のネタバレあらすじをご紹介します。

ひき逃げの被害者は落書き犯だった

クライアントの社長夫人・美喜子の家を訪れた甲斐と鈴木。息子の信吾がひき逃げ事故を起こしてしまったと聞かされ、飲酒はしていたのかと追及する鈴木。

鈴木は両親を交通事故で亡くしているため、冷静さを欠いてしまう。その様子を見た甲斐は、手を引くように指示するものの、黙っていられない鈴木は勝手に被害者について調査をしてしまう。

信吾によると、いきなり人が飛び出してきて避けられなかったとのこと。その後通報して逃げてしまったものの、被害者の容態は安定していた。

信吾に出頭するように助言し、鈴木が付き添って警察に出頭させる。その後、検察庁に行った甲斐と鈴木は、担当検事の藤嶋と面会。藤嶋はかつて甲斐が争ったことのある検事だった。示談を主張しようとする甲斐たちに、被害者が急変して亡くなったことを告げる藤嶋。

一方、シニアパートナーとなった蟹江は、早速アソシエイトを雇うための面接を行う。

被害者が事故当時黒い服装だったことや、指に塗料が付いていたことを突き止める鈴木。事故現場の付近では壁にスプレーで落書きされる事件が相次いでいて、被害者は逃げていたのではないかと考える鈴木。

早速、鈴木はそのことを話すために藤嶋を尋ねるが、信吾が佐竹コンサルティングの社長の息子だと知り、取引を持ち掛けてくる藤嶋。幸村・上杉法律事務所に転職したいのだと言い出すのだった。

示談交渉

甲斐に藤嶋の意向を報告した鈴木だったが甲斐にその気はなく、被害者の遺族に示談交渉をするよう指示する。だが、鈴木は自分の両親が事故に遭った際、家に示談のために訪れた弁護士のことを今でも覚えていて、気乗りがしなかった。

被害者の両親が営むラーメン店に出向いた鈴木は、示談交渉を進める。応対した母親は、息子が落書きをして迷惑をかけていたことを謝り、申し訳なさそうにする。鈴木が金額を提示して欲しいと言うと、息子の借金と葬儀費用として200万円あればいいと言われる。

それを聞き、1000万円を提示してサインを求める鈴木。するとそばで聞いていた父親は、息子にそんな価値はないと言い出す。鈴木は「そんなことはない」と言い、非行に走っていたとしても二人にとってかけがえのない息子であることは変わらないと答え、サインをして貰うのだった。

怜が家に来て仕事の話をするが、もう会うのを止めようと切り出す鈴木。すると、怜は聖澤のことを持ち出してくるが、聖澤と付き合うことはないと答える。「さようなら」とその場で立ち去る怜。

信吾の告白

その直後、呼び出されて信吾の家に行った鈴木。示談書を見せて信吾にもサインをするよう言うと、その場ですぐサインする信吾。

書き終えた後、信吾は鈴木に言っておきたいことがあると言い出す。飲酒はしてないが、前にパーティですすめられたドラッグをやっていたことを告白する。

何のドラッグかは分からないと言うものの、動揺する鈴木。翌日、鈴木は甲斐にそのことを報告するが、自分たちは知らなかったと言いそのまま示談で済ませようと言う甲斐。

それに対し、知ってしまったからにはこのままにはできないと反論する鈴木。

一方、怜は聖澤を呼び出して鈴木と別れたことを打ち明ける。自分には関係ないと言う聖澤に、鈴木が聖澤を好きな気持ちは本当だと伝えるのだった。

藤嶋と取引をする甲斐

蟹江がアソシエイトを雇用することになり、ハーバード卒の鮎川を採用することに。だが、鈴木の名前を出すと、自分が書記官をしていたことを告げて日本人の卒業生は全て把握していると言う。

鈴木のことがバレる恐れを感じた甲斐は、チカにそのことを報告して鮎川の採用を取り消させる。上手く言いつくろったチカだったが、自分が裏切ったことをまだ怒っているのだろうと不満を隠せない蟹江。

その頃、鈴木は両親をひいた相手の弁護士の事務所を訪ね、自分が人をひいてしまったと嘘をついて弁護をして欲しいと言う。すると、そういう依頼は受けていないと答える。

怒った鈴木は、自分の両親の話をして受けたはずだと非難するが、開き直られてしまいさらに怒りをぶつけるのだった。

その後、鈴木は藤嶋のところに行き、信吾が事故当時ドラッグをやっていたことを告げる。だが藤嶋は、20歳の若者を検察に売ろうとするのは弁護士として間違っていると言う。

だが、甲斐が先に手を回して藤嶋と取引をしていて、示談を進める代わりにアソシエイトとして雇用することになっていたのだった。

次回12話のネタバレはこちら

映画ドラマ見逃し配信無料のワンダフル
スーツ2 12話 ネタバレ あらすじ 感想~蟹江がファームを移籍する? ~ | 映画ドラマ見逃し配信無料のワン...
スーツ2 12話 ネタバレ あらすじ 感想~蟹江がファームを移籍する? ~ | 映画ドラマ見逃し配信無料のワン...スーツ2 12話が放送されました!上杉が去ったことで、クライアントが離れていこうとする上に弁護士たちまで引き抜きにあいます。引き抜きに副島が関与していることを知った...

スーツ2 11話・箇条書きでまとめ

「スーツ2」11話で判明したのは以下になります

・信吾がひいた被害者は、壁にスプレーで落書きをする常習犯だった

・信吾は事故当時、ドラッグをやっていた

・甲斐は藤嶋と取引して、不起訴にする代わりに事務所に雇い入れた

スーツ2・11話の感想

ひき逃げの被害者遺族に最大限の誠意を払う鈴木の姿には、心を打たれました。お金で解決できる問題ではないものの、示談するとなれば結局は金額提示の話になってしまいます。

1000万円を提示した時の父親の「息子にそんな価値はない」という言葉は切なかったです。それでも、鈴木の言葉で少しは救われたのではないでしょうか。言葉一つで救われたり傷や怒りが残ったりすることがよく分かりました。

皆の感想レビュー

司法の酷薄さを描き出す濃厚なリーガルドラマ

今回の放送では、ファーム内部の主導権争いは一旦脇に置かれ、有力クライアントの息子が引き起こしたひき逃げ事件の示談交渉のエピソードを中心に据えてストーリーが展開されて行きましたが、事件に絡む複数の人間の光と影とその思いが丁寧に描かれており、その中で、司法が持つ酷薄な側面がきちんと浮彫りにされていることに大いに好感を持ちました。大変優秀なリーガル/ヒューマンストーリーに仕上がっていたと思います。濃厚なナイーブさを醸す中島裕翔の巧みな演技が強く印象に残りました。

ドラマ「スーツ」1全話と2の1話~最新話はFODプレミアムで配信中です。他のフジテレビドラマも見放題配信中です。

2週間以内に解約すれば月額無料です。*本ページの情報は記事更新時点のものです。最新の配信状況は FOD サイトにてご確認ください。

詳しい解説こちら

https://boku-wonderful.jp/suits2/

無料で視聴できる放送中・放送予定のドラマ一覧

 

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる