NEWS

待望の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』の公開日が、9月13日(金)に決定!
そしてこの度、日本オリジナルポスターが完成いたしました!

日本版ポスター

前作で、50年で3回も生まれ変わり、最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)との再会を果たした犬のベイリー。続編となる今作でもその “犬生”が終わりを迎え、再びイーサンに別れを告げようとしたベイリーに、「孫娘のCJを守ってほしい」という新たな<使命>が与えられる。イーサンや妻ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)とうまくいかなくなったママのグロリア(ベティ・ギルピン)が、突然CJを連れて出て行ってしまったのだ。

このほど完成した日本オリジナルポスターに映し出されているのは、鮮やかな緑に包まれながら、あたたかな眼差しで見つめ合うベイリーとCJの姿。「みんなの笑顔が、僕の幸せなのだ。」と、愛するイーサンと家族みんなにもう一度幸せを届けるため、約束どおりCJを守り抜く新たな”犬生”を生きるベイリーと、みんなの大切な孫娘CJとの運命的な再会、そしてその長い旅路の先に幸せな涙があふれ出す予感に満ちた仕上がりに、日本を飛び出し世界各国から使用希望が殺到中!

<愛犬がつなぐ家族の絆>を描くにあたり、女性の成長と家族の絆に焦点を当てたいという製作陣の願いから、本作にはTVシリーズ「モダン・ファミリー」「フレンズ」などで知られるコメディとヒューマンドラマの名手、女性監督のゲイル・マンキューソを抜擢!自身も5匹の犬を飼う愛犬家であるゲイルは「愛犬家なら誰でも自分の犬に話しかけるし、返事を聞きたいと思っているわ。彼女が愛犬と共に大人へと成長する過程こそが、この映画の原動力よ」と、自身がペットに抱く想い、そして観客がベイリーに対して抱く共感を尊重。

さらに前作に引き続きベイリーの声を演じるジョシュ・ギャッド「(脚本を読むときに)絶対に泣かないと心に決めていた。でももちろん、読み始めてすぐに泣きじゃくるはめになったよ。本作が前作同様に素晴らしいのは、ストーリーを通して観客にデトックス効果大の涙を流させつつ、ワクワクするような展開も提供している点だ。笑いと冒険があふれているね。(続編への出演は)いつもためらってしまうけど、本作では製作や脚本のプロセスにおいて細心の注意が払われていたし、シリーズへの敬意も感じた。皆が前作のレベルを超えたいと思っていることが分かった」と自信のコメント。

日本公開となる9月13日(金)、失われてしまった家族の絆をつなぐための〈新たな、そして素晴らしい旅〉のはじまりが待ちきれなくなるばかりです!