NEWS

『僕のワンダフル・ジャーニー』宣伝ワンバサダー就任イベント_main

アンジャッシュ児嶋さんの愛犬でマルチーズとトイプードルのミックスのネネちゃん、渡部さんの愛犬チワワのマロンちゃんが本作の宣伝ワンバサダーに決定し、宣伝ワンバサダー就任式が開催されました!

ネネちゃん、マロンちゃんの飼い主であるアンジャッシュの児嶋さん、渡部さんに加え、前作『僕のワンダフル・ライフ』の宣伝ワンバサダーのゼウスくんも駆け付け、可愛らしい引継ぎ式ののち、アンジャッシュの2人が”どちらの方がより愛犬との絆が強いか”を対決し、真のアンバサダーの座を競いました!台本にないハプニング満載な、ワンちゃんたちの愛くるしい姿に会場中が終始笑顔に包まれ、映画公開までのワンバサダー活動が楽しみになる就任式となりました!


『僕のワンダフル・ジャーニー』宣伝”ワン”バサダー就任イベント 実施概要
◆日程:8月1日(木)
◆場所:時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)
◆登壇者(敬称略):アンジャッシュ(児嶋一哉さん(47)、渡部建さん(46))
児嶋さん愛犬 ネネ(1)、渡部さん愛犬 マロン(11)
『僕のワンダフル・ライフ』宣伝ワンバサダー ゼウス(7)


<イベントレポート>
前作の『僕のワンダフル・ライフ』では、ゴールデンレトリバーのゼウスくんが就任していた宣伝ワンバサダーが、本作ではアンジャッシュのお二人の愛犬、児嶋さんの愛犬マルチーズとトイプードルのミックスであるネネちゃんと、渡部さんの愛犬であるチワワのマロンちゃんに決定!想いを継ぎ何度も”犬生”を繰り返す本作さながら、ゼウスくんからネネちゃんとマロンちゃんへ想いをつなぐ宣伝ワンバサダー就任式が開催されました!

早速アンジャッシュの渡部さんと、なぜか犬の格好をして現れた気合満々の児嶋さん、そして、この度宣伝ワンバサダーに決定したネネちゃん、マロンちゃんが登壇すると「ご紹介しましょう!アンジャッシュの渡部さんとネネちゃん、そして、お二人の愛犬の、児嶋さんとマロンちゃんですー!」とMCから紹介されるや否や、児嶋さんは「いやいやいや!紹介逆になっちゃってるよ!」とさっそく鋭くツッコミながら、「僕は今日やる気満々ですよ!本作のワンバサダーとして、犬になりきるために着てきました!」と意気込みを語ると、渡部さんは「ネネちゃん連れて犬の着ぐるみってややこしいから!ワンバサダーはこの子達(ネネとマロン)で、今日は付き添いなんだから」と、なんともアンジャッシュらしいすれ違いのやりとりを披露。この日は宣伝ワンバサダー就任式ということで、前作でこの大役を務めたゼウスくんも駆け付け、ワンバサダーの証である首輪にかけるプレートをかごに入れ上手に運んでくる姿に「すごい!えらいね~」と2人はメロメロ。ネネちゃんとマロンちゃんの首にプレートがかけられ無事に宣伝ワンバサダーの引き継ぎが終了したかと思いきや、児嶋さんがおもむろにゼウスくんの首にかかっていた大きいプレートを自らの首にかけ、見事(!?)ワンバサダーを引き継いだとアピール!一仕事終えたゼウス君は、舞台袖に下がっていくかと思いきや勢いよく舞台から飛び降りて去っていくお茶目な姿も見せました。

『僕のワンダフル・ジャーニー』宣伝ワンバサダー就任イベント_2ショット

ゼウスくんから想いを受け継いだネネちゃんは、「ワンバサダーに就任しました、ネネです。よろしくお願いします。この素晴らしい映画を一人でも多くの方に見ていただけるように頑張ります!」と抱負を児嶋さんが代弁。続けてマロンちゃんは「ネネちゃんと一緒に就任しましたが、児嶋さんの犬の恰好は目線がぶれるのでやめたほうがいいと思います。よろしくお願いしますー!」と、さすが渡部さんの愛犬らしい鋭い意見で児嶋さんが「やめろ!そんなダメ出しはいらないよ!」とタジタジにさせ会場を沸かせました。

本作を観た感想について児嶋さんは「僕はあまり泣かないんですけど、これはずっと泣いてました。最後は暖かい気持ちにもなりましたし、ネネも食いついて見てましたよ!」と振り返り、渡部さんは「見終わると犬とたっぷりコミュニケーションを取りたくなる。生まれ変わって“犬生”がまたあるという話なので、いま家にいる3匹の犬が、次生まれ変わった時にこの子だ!ってわかる合図を決めようと話し合ったんです。別れが寂しくなりました。」と微笑ましいエピソードを明かし、その合図が気になるなか渡部さんの「お手です。」とまさかの告白に児嶋さんが「ほぼどの犬もやってるよ!」とツッコミ。さらに、それぞれの愛犬との絆へと話が及び、渡部さんは「僕の体調に敏感なんですよ。落ち込んだり風邪でぐったりしているとずっと寄り添ってくれる。寝ている間もぺろぺろ舐めてくれるから、逆に寝不足で治りずらくなってしまうくらい(笑)恋人のような娘のような存在です。」、児嶋さんは「夫婦喧嘩していると間に入って、やめなよ!って入ってきてくれるんですよ」と、飼い主思いのネネちゃんとマロンちゃんらしいエピソードを明かしたり、渡部さんは「子供が去年生まれたんですが、まだ小さいのでちょっと叩いたり掴んだりしてしまって、嫌なはずなのに子供とちゃんと遊んでくれていて、お姉ちゃんのような存在になってくれてます」、児嶋さんは「一回番組で、ネネちゃんからもらった手紙を自演自作で僕が読むという企画があったのですが、自分で選んだ言葉で途中から嗚咽が出るほどボロボロ泣いてしまって。ネネちゃんと暮らすようになってから涙もろくなっちゃいました」とまさに家族のような存在の愛犬へ、愛情が溢れ出して止まらない様子。さらに、お互いの愛犬のここだけは負けない点については、渡部さんは「少し言いでらいですが、やっぱりルックスですよね~。ネネちゃんはちょっとしゃくれてるので(笑)」と笑いを誘いながらアピールし、児嶋さんは「ネネちゃんはとにかく明るいんですよ、芸達者ですしね!自分と違って」と、自虐を含めながらも愛犬の自慢話に華を咲かせました。

『僕のワンダフル・ジャーニー』宣伝ワンバサダー就任イベント_児嶋さん&ネネちゃん

ここで、実際にどちらのバディの絆が確かなものなのか対決をすることに!お題が次々に出され、“おすわり”と“お手”はネネちゃんとマロンちゃん共に余裕でクリアしましたが、おやつを目の前にした“待て”では、マロンちゃんがスマートにクリアしたあと、ネネちゃんもいい子に待っている間に、渡部さんがそそのかしマロンちゃんがネネちゃんのおやつを食べさせてしまう可愛らしいハプニングが!それでも、ネネちゃんもマロンちゃんもとても言うことの聞くいい子でしっかり飼い主との絆が感じられた為、今回は引き分けという結果に。バディといえば、長年コンビを組んできたアンジャッシュの2人もきっと絆は確かなものに違いない!と、わざわざ犬の恰好をして登場した“児嶋犬”に渡部さんから「こじ!こーじ!おすわり!」とまるで本当に犬に語り掛ける口調で指示が出され、「なんでだよ!嫌だよ!」と言うことをなかなか聞かない児嶋犬の代わりに、心優しいネネちゃんがお座りをしてあげるというまさかの可愛すぎる展開に会場も大盛り上がり!アンジャッシュのおふたりも大きな笑みが見せながら、児嶋さんは「ご家族で見ても恋人と見ても楽しめる、本当に感動する暖かい映画なので、是非見てください!お願いします!」、渡部さんは「犬を飼っている人はもちろん、この世の生きるものに対して全ての考え方が変わりますし、心温まる素晴らしい映画だと思います。是非、皆さんご覧ください!」とコメントし、犬3匹とアンジャッシュさんお二人の賑やかなワンバサダー就任イベントは終始和気あいあいとしながら、幕を閉じました。