NEWS


この度、どこまでもマイペースな犬・ベイリーが、犬嫌い?で
邪険に扱う母・グロリアに「遊んでほしいって?」と突進してしまう場面の
本編映像を解禁致します!

このほど到着したのは、前作で再会を果たした犬のベイリーと飼い主のイーサンが、妻のハンナ、そして可愛い可愛い孫娘CJと一緒にプールで水遊びしている場面。イーサンの無邪気さは歳を重ねても健在で、大事な家族も増えて見るからに幸せそうな時間が流れていたところに、CJの母・グロリアが帰ってくると「汚い犬と水浴び!?」と空気が一変。家族とうまくいっていないグロリアの強硬な態度にベイリーは「一緒に水遊びしたいのかも!?」と無邪気にお尻に突進・・・!プールへ突き飛ばされたグロリアと他の皆との間にますます不穏な影を落としてしまいそうな雰囲気にもどこ吹く風のベイリーですが、この先果たして家族の絆を無事に取り戻すことはできるのでしょうか・・・?

8u24_d001_00295_00297r_comp_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

家族と心の距離が空いてしまう母・グロリアを演じているのは、TVシリーズ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」でエミー賞へのノミネート経験を持つ女優ベティ・ギルピン。自分自身はグロリアほど未熟な母親ではないと断言するベティは、実際には犬も大好きで「グロリアは犬嫌いなの。私にとって、人としての一番の危険信号ね。私は犬が大好きだから、『カット!』の声がかかった瞬間、犬に駆け寄って、怒鳴りつけたことを謝ったわ」と撮影秘話を明かしています。

8u24_d013_00522r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

このグロリアという役こそ、ゲイル・マンキューソ監督が「グロリアには好ましいとはいえない要素が多々あったから、観客に嫌われるのではないかと心配だった」と振り返るほどキャラクター描写について悩んだ難役ながら、しっかり観客へと届く人物として見事に演じきったベティについて「グロリアという女性を、もろさを持った人間として演じてくれた。困難な環境の中で強い親になろうともがいている彼女の複雑さを表現して、見事に演じきってくれたわ」と称賛を惜しみません。

母として思い悩むグロリアにも、きっとCJの成長とベイリーの奔走が未来の希望となってくれるはず!

物語の中心となる孫娘CJの日本語吹替キャストに早見あかりさんが決定!
併せて日本語吹替え版の本編抜粋映像解禁!!
 

『僕のワンダフル・ジャーニー』早見あかり/CJ
 


最愛の飼い主イーサンから託された「孫娘のCJを守ってほしい」という<使命>を果たすため、何度も生まれ変わる犬のベイリーが新たな”犬生”を突き進む本作。困難な状況も少なくない揺れる人生を、犬のひたむきさに支えられながら少女から大人の女性へと成長していく孫娘CJの日本語吹替キャストを、女優・早見あかりさんが演じることが決定!これが日本語吹替初挑戦となる早見さんは「声だけでお芝居をするのは初めてだったので、やりすぎてはいけないし、でもやらないと伝わらないし、という絶妙なラインが、すごく難しかったです」と苦労を明かしつつ、自身もトイプードルとビション・フリーゼのミックス”ビションプー”と生活している愛犬家とあって「こういった作品に関われるという事がとても嬉しく、共感や感動が沢山ありました。そして犬を飼っていない人でも、動物ってこんなに可愛くて、こんなに愛おしいんだなと思える作品になっていると思います」と喜びのコメント!
さらに、シンガーソングライターを夢見るCJはギター片手に歌を披露するシーンもあり、かつてアイドルグループ・ももいろクローバーに所属し音楽シーンを盛り上げていた早見さんは「一番最初のステージや、そのステージが大きくなるにつれて楽しいし皆に見てもらいたいけど緊張してしまう気持ち、そして一歩踏み出すまでにとても時間がかかる気持ちにすごく共感しました」と自身の歩んできた道のりと重なる役柄を見事に演じきっており、既に発表されている豪華日本語吹替キャストの面々と共に、<愛犬がつなぐ家族の絆>を描く本作を彩ります!!


🐾CJ(キャスリン・プレスコット):早見あかりさんコメント
声だけでお芝居をするのは初めてだったので、やりすぎてはいけないし、でもやらないと伝わらないし、という絶妙なラインが、すごく難しかったです。言葉を発する時の息遣いが、日本語と英語で全然違うという事に初めて気づきました。CJは歌手を夢見る一面もあり、一番最初のステージや、そのステージが大きくなるにつれて楽しいし皆に見てもらいたいけど緊張してしまう気持ち、そして一歩踏み出すまでにとても時間がかかる気持ちにすごく共感しました。
そして私自身、おこめちゃん(犬)と一緒に生活しているので、こういった作品に関われるという事がとても嬉しく、共感や感動が沢山ありました。おこめは、当たり前にいてくれる家族、私のことを一番何でも知っている存在です。「何回生まれ変わってもずっと大好きだよ」というメッセージが込められていて、ベイリーみたいにおこめも私のことをずっと好きでいてほしいと思いましたし、犬を飼っていない人でも、動物ってこんなに可愛くて、こんなに愛おしいんだなと思える作品です。是非劇場に足を運んで、みなさんが幸せな気持ちになって帰って下さると嬉しいです!

🐾ほか、日本語吹替版キャスト
ベイリー(犬):高木渉 さん
イーサン(デニス・クエイド):大塚明夫 さん
トレント(ヘンリー・ラウ):石川界人 さん
グロリア(ベティ・ギルピン):朴璐美 さん
シェーン(ジェイク・マンリー):鈴木達央 さん

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3img_8620_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba
この度、パンダ化した自身と愛犬・梅吉との日常を
マンガで綴った作品が多くの人の共感を呼び、
今やインスタフォロワー16 万人超えの超人気イラストレーターの
スティーヴン★スピルハンバーグが登壇する
トークイベントが開催されました!
 

性別・年齢不詳のミステリアスなハンバーグさんは、 ステージに身代わり?となるパンダのぬいぐるみが着席しスクリーン生筆談にてトークに参加するという異例の体制となった本イベント!衝撃的な“犬ネタ”で人気を博している五味侑也さん(シューマッハ)と、ハンバーグさんの大ファンだというぶらっくさむらいさんも登壇し、持ちネタで会場を盛り上げながら愛犬家ならではのエピソードを交え本作の魅力を徹底的に語りました。

%e3%81%94%e3%81%bfx%e3%81%b6%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%8f%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

この日の為に書き下ろしたという、ハンバーグさんから超レアな“スピルハンバーグ風”似顔絵がプレゼントされると二人は大興奮!ファンからの質問に筆談で答える貴重なQ&Aタイムの実施や、9月に待望の新作「パンダと犬Ⅲ」の発売も発表され、スティーヴン★スピルハンバーグワールドが炸裂しました!

%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a0img_8627_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba


<★イベントレポート★>
パンダ化した自身と愛犬・梅吉との日常をマンガで綴った作品『パンダと犬』が愛犬家たちの共感を呼び、今やインスタフォロワー16 万人超えの超人気イラストレーターのスティーヴン★スピルハンバーグさんが、この度ついにSNSから飛び出し登壇するとあって、この貴重な機会にファンが集結!また、犬映画にちなんで”犬モノマネ”でお馴染み五味侑也さん(シューマッハ)と、MC兼ゲストとしてハンバーグさんの大ファンでありプライベートでも親交があるというぶらっくさむらいさんの二人が登壇しイベントがスタート。

 

ぶらっくさむらいさんは「本日、司会進行を務めますぶらっくさむらいこと本名、武内剛です!」と自己紹介すると、エンジン全開で持ちネタを披露!涙涙の本編の余韻から一転、一気に会場が笑いに包まれ温まってきたところで、続いて、何やら小さいパンダのぬいぐるみを抱いた五味さんが登壇。年齢、性別その他諸々非公開としご自身の姿を見せないことで有名なハンバーグさんの身代わりとしてこのぬいぐるみがステージに着席し、トークを全てスクリーンに映し出された生筆談で行うという異例でシュールな形式でイベントが進行。五味さんが自己紹介がてら例の”犬モノマネ”を披露すると思いきや、スクリーンの中の筆がするすると進み会場中がスクリーンへ注目、ネタの邪魔をしてしまうお茶目なハンバーグさんに会場はもちろん、五味さんも思わず笑ってしまう一場面も。気を取り直しての“犬モノマネ”に会場からはあたたかい拍手が送られ、ハンバーグさんからも「かわいかったよ」とお褒めの言葉が贈られました。

 

MCという大役ながらトークに夢中になるあまり、ぶらっくさむらいさんが思わず台本を飛ばしてしまった際には「まって、台本飛ばしているYO」とスクリーン上で訂正が入るなどハンバーグさんの筆談が思わぬ方向で大活躍するなど、そんな3人のユル~いテンポに会場も度々笑いが巻き起こるなか、なんと今回の為にハンバーグさんが二人の似顔絵を描いてきたことを発表!ハンバーグさんらしさ全開の絶妙なタッチで描かれた似顔絵に、会場からは「かわいい~!」と声が漏れ、描いてもらった二人も大興奮。五味さんは「これ嬉しい!めちゃくちゃ可愛くないですか!?」と嬉しさを抑えきれない様子で会場へ問いかけ、ぶらっくさむらいさんは「僕ウーバーイーツ好きなことハンバーグさん知ってるね!ちゃんと背負ってる!(笑)」と喜び、マブダチだと豪語するぶらっくさむらいさんとハンバーグさんの仲の良さが垣間見える1枚となりました。

 

本作について五味さんは「僕、ワンちゃんが大好きだからワンちゃんが亡くなっちゃう映画とか実は苦手なんですよ。ただ本作は、泣いちゃうんですけどまた生まれ変わって次の“犬生”をどう送るんだろうというワクワクもあるし、悲しみとワクワクが同時にやってくる。あと、人間目線とワンちゃん目線が一緒に進んでいくので新しい感覚もありましたね!なんだろう、あの涙は…。観終わったあとはすごいあたたかい気持ちになりました。僕は、7回泣きましたよ!」と、悲しみだけではないあたたかな涙のすばらしさをアピール。本作の設定のように、前の愛犬の生まれ変わりに感じる事はあるか、最近犬の”亀吉”と一緒に暮らし始めたというハンバーグさんにも質問するも食い気味に「ないYO」と即答されタジタジになりながら、会場のファンが過去に何匹も飼っている犬がみんなおバカだったという話を聞いた五味さんは、「それは本当に生まれ変わりかもしれないね」と映画のような奇跡にみんなで思いを馳せる一場面も。

 

話が尽きないなか、最後にファンの方がハンバーグさんへ質問出来ることに!「クロネコヤマモトという猫のキャラクターが大好きです!猫は飼われていますか?」という質問には、「猫は飼ってないYO」と回答したものの、五味さんが手にしたスティーヴン★スピルハンバーグ説明書によると、どうやらハンバーグさんは猫に憧れを持っているという新?情報が明かされたり、「パンダと犬の次回作は出ますか?」の質問には「ひみつ」と濁したものの、その直後に待望の新作「パンダと犬Ⅲ」が9月17日(火)に発売されるという重大発表にファンも歓喜!最後は、ハンバーグさんの「さんきゅう、にくきゅう」と今年の流行語大賞を狙っているらしい(!?)お決まりの合言葉で締めくくりながら、パンダと犬の絵をささっと描き加え最後の最後までファンを喜ばせたハンバーグさん。ちょっとしたハプニングもすべて生筆談で笑いに変え、本作が描く人と犬との幸せな関係も感じさせる、終始大盛り上がりのイベントとなりました!

 

bokuwann_rinrin_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba
田辺誠一さん書き下ろし!
『僕のワンダフル・ジャーニー』ベイリーの親友
りんりん(RinLin)のTwitterアカウントが開設記念!
オリジナルグッズが65名様に当たる
Twitterインスタントウィンキャンペーンを実施致します!!
【実施期間】
2019年8月28日(水)正午~9月10日(火)23:59

【参加方法】
りんりん Twitterをフォロー
キャンペーン対象ツイートをRT
(ハッシュタグ「#りんりんのなかよし度診断」を含むツイート)
抽選結果がすぐに届

※アタリ動画を受け取った方には後日DMにてご連絡させて頂きます。
※賞品の指定はできませんので、予めご了承ください。
※賞品は9月下旬より順次発送予定です。

【賞品一覧】
■ぬいぐるみ…2名様
r%e5%85%a8%e8%ba%ab

■クリアファイル…15名様

rinlin_cf_image_0729

■メモ帳…40名様

rinlin_memo_image_0729

■お散歩バッグ…8名様

re-sizerinlin_bag_image_0729

【ご注意事項】
※賞品写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。
※参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
※参加は1日に1回(参加する日の0時~23時59分59秒の間に1回)までとなります。同日の0時~23時59分59秒の間に既に参加済みの場合、応募が無効となります。ご注意下さい。
※お一人様の複数アカウント利用や、bot機能などでの応募の不正行為を一切禁止します。不正行為をおこなった場合、当選が無効となりますので、予めご了承ください。
※当落の通知ツイートは、システムの仕様上24時間後に自動的に削除されます。予めご了承ください。
※システム上の不具合や参加アカウントの設定により、当落通知ツイートがお手元に届かない、届くまでに時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
※当選者にはDMにて賞品送付先をご入力いただく申込みフォームをお知らせいたします。Twitterアカウントの削除やフォロー解除をされますと当選無効となります。
※賞品の発送先は日本国内に限定させていただきます。
※当選権利はご本人様に限り、第三者への転売・譲渡および、換金はできません。
※応募内容に誤りや漏れがある場合や、虚偽の記載がある場合、無効となりますのでご注意ください。
※賞品の転売・譲渡(有償・無償を問わず)は禁止いたします。
※応募受付の確認・結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください。
※本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
※当選者が提供した個人情報は、当社が管理し、賞品の抽選、賞品のために利用させて頂きます。目的外での利用および第三者(業務委託先を除く)への提供はいたしません。
プライバシーポリシー

この度、ベイリーとイーサンが魅せるあの懐かしい得意技が続編でも披露され
歳を重ねてますます絆の深さを感じさせ、心あたたまる本編映像を解禁いたします!

8u24_tp1_00035r_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

今回到着した映像は、ベイリーがラグビーボールを咥えて「ワンッ!(遊ぼう!)」とイーサンを誘うワン🐾シーン。前作で、何十年の時を超えてこの大技を決めた瞬間に、ベイリーが生まれ変わって再び自分の前に現れたという奇跡にイーサンが気付いた、ふたりにとってかけがえのないもの。お互いに年月を重ね腰も少し曲がり、ベイリーとイーサンは「楽じゃないな」と口をそろえるも、変わらぬ絆を感じながら成功できた嬉しさをのぞかせ、満足げな表情を浮かべるふたりに誰もがグッとくる瞬間!

%e2%98%85%e3%82%b5%e3%83%961%e3%80%808u24_5c_1_1653844_grd005_1653844r_crop_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba-4-1

前作に引き続き、イーサンを演じることは非常に簡単な決断だったというデニス・クエイドは今まで飼ってきた犬たちは皆、私にとって特別な存在だった。犬は家族の一員で、飼い主の性格を吸収するスポンジのような特徴を持っている。それに多くの場合、愛犬の死は子供たちが初めて直面する『死』でもある。だからこそ、ベイリーが何度も生まれ変わって自分の元に帰ってきてくれるという本シリーズの物語は非常に美しいと、愛犬が生まれ変わることで『死』と『生』が明るく魅力的に描かれる本作への想い入れをにじませています。さらに、それがただの映画の中での出来事にとどまらず、「このシリーズに関われた最大の喜びは、エンターテインメントだけでなく、それ以上の何かを観客に提供できる点だ。愛するペットや家族がこの世を去っても、その魂は旅を続けているかもしれないという考え方を提示することで、特に子供たちが喪失感を癒してくれたことをうれしく思うね」と、観る者に希望と癒しをもたらせる喜びも明かしています。

%e2alt=

1 2 3 4 5 6 7