• 僕
  • の
  • 幸
  • せ
  • な
  • の
  • だ
  • 。
  • み
  • ん
  • な
  • の
  • 笑
  • 顔
  • が
  • 、

僕のワンダフル・ジャーニー

9.13FRI

Introduction

『僕のワンダフル・ライフ』待望の続編が完成!

家族をひとつにするため、何度も生まれ変わる犬のベイリー幸せな涙があふれ出す、犬と人間のラブストーリー!

2017年、一匹の犬とその飼い主の絆が、日本中に涙と笑いを巻き起こした。
何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主のイーサンが紡ぐラブストーリーが熱い感動を呼んだ、『僕のワンダフル・ライフ』だ。ひとあし先に旅立った最愛の犬が、自分にもう1度会うために生まれ変わってくる──
そんな物語に「犬の一途な姿に泣いた」「犬と人間の純粋な絆が愛おしい」などの絶賛レビューが飛び交い大ヒットを記録した。あれから2年、ついに待望の続編が完成。過去を悲しむことなく、
未来を心配もせず、ただ今この瞬間を一緒に楽しく生きる、あの陽気でひたむきなベイリーが、日本に帰って来る!


長い旅路の果てにベイリーが見つけたものとは?エミー賞に2度輝く女性監督が贈る感動の物語

前作に続きベイリーのモノローグを担当するのは、世界的大ヒット作『アナと雪の女王』でオラフの声を演じたジョシュ・ギャッド。イーサン役も前作からの続投で、『エデンより彼方に』のデニス・クエイド。
イーサンの孫娘のCJには、『アントマン』シリーズでアントマンの娘を演じて注目されたアビー・ライダー・フォートソン、成長してからのCJは『心のカルテ』のキャスリン・プレスコット。製作総指揮にまわってシリーズの世界観を支えるのは、前作の監督ラッセ・ハルストレム。彼が信頼のバトンを渡したのは、TVシリーズ「モダン・ファミリー」でエミー賞に2度輝いたゲイル・マンキューソ。
イーサンとの約束通り、彼の孫娘のCJを懸命に守り抜くベイリー。それはCJを幸せにするだけでなく、家族の絆をつなぐための長い旅路だった。果たして、旅の終わりにベイリーが見つけたものとは? 愛する人の手を離さないこと、それが人生を“ワンダフル・ジャーニー”にするコツだとベイリーが教えてくれる、温かな涙が止まらない感動の物語。

Story

大好きな家族を一つにするため、犬のベイリーが何度も生まれ変わる!

僕の名前はベイリー、大好きなイーサンと初めて会ったのは、ゴールデン・レトリバーの子犬だった頃だ。その犬生を終えた後も、イーサンに会いたくて3回も生まれ変わり、ようやく再会したイーサンの元へ、彼の初恋の人ハンナを連れて来たのさ。
月日が流れ、僕は田舎の農場でイーサンとハンナと満ち足りた日々を送っている。
ハンナの事故で亡くなった息子の奥さんグロリアと、彼女の娘で赤ちゃんのCJという新しい家族もできたよ。ところが、グロリアが突然CJを連れて出て行ってしまった。
「私の子育てに口出ししないで」なんて吠えてね。
そんな中、お迎えがやって来た僕は、イーサンから「CJを守るために戻って来てくれ」という新たな使命を与えられる。イーサンとの約束通り、何度も生まれ変わって僕がCJを守る!
CJと家族を幸せにするための新たな素晴らしい旅が、今始まる──!

  • 1
  • 2
前作のおはなしはこちら

CAST

ジョシュ・ギャッド

前作『僕のワンダフル・ライフ』(17)からベイリーの声を務める。1981年、アメリカ、フロリダ州生まれ。大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』(13)でオラフの声を演じ、そのユーモアと温かさにあふれた声音で人気を獲得する。『アナと雪の女王2』(19)でも再びオラフ役を務める。ディズニーの実写版『美女と野獣』(17)ではル・フウ役を演じ、俳優としても広くその名を知られる。その他の出演作は、『スティーブ・ジョブズ』(13)、ケネス・ブラナー監督・主演の『オリエント急行殺人事件』(17)など。新作はケネス・ブラナー監督、ジュディ・デンチ共演の『アルテミスと妖精の身代金』(19)、ルピタ・ニョンゴ共演の『Little Monsters(原題)』(19)。

デニス・クエイド

前作『僕のワンダフル・ライフ』(17)に続く出演。1954年、アメリカ、テキサス州生まれ。『ライトスタッフ』(83)で絶賛され、トッド・ヘインズ監督の『エデンより彼方に』(02)でニューヨーク映画批評家協会賞、シカゴ映画批評家協会賞、インディペンデント・スピリット賞を受賞し、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、演技派俳優としての地位を確立する。その他の出演作は、『トラフィック』(00)、『オーロラの彼方へ』(00)、『オールド・ルーキー』(02)、『デイ・アフター・トゥモロー』(04)、『バンテージ・ポイント』(08)、『ソウル・サーファー』(11)、『スマイル、アゲイン』(13)、『ニュースの真相』(15)など。新作は、ローランド・エメリッヒ監督の『Midway』(19)。

キャスリン・プレスコット

1991年、イギリス生まれ。TVシリーズ「FINDING CARTER/ファインディング・カーター」(14~15)で高く評価され、アメリカでブレイクするきっかけとなる。その後、TVシリーズ「24:レガシー」(17)にゲスト出演し、『心のカルテ』(17・未)でリリー・コリンズ、キアヌ・リーヴスと共演する。その他の出演作は、TVシリーズ「Skins –スキンズ」(09~13)、『インバージョン 転移』(15・未)、TVシリーズ「The Son(原題)」(17~19)、トニ・コレットと共演の『Fun Mom Dinner(原題)』(17)、『エンド・オブ・ハイスクール』(18・未)、『Polaroid(原題)』(19)など。

アビー・ライダー・フォートソン

2008年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。父は俳優のジョン・フォートソン、母は女優のクリスティー・リン・スミス。4歳からキャリアをスタートし、TVシリーズ「トランスペアレント」(14)にゲスト出演する。続いて、『アントマン』(15)で、ポール・ラッド扮する主人公のスコット・ラングの娘キャシーを演じ、広くその名を知られる。シリーズ第2弾の『アントマン&ワスプ』(18)にも出演する。その他の出演作は、TVシリーズ「見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~」(15)、「トゥゲザーネス」(15~16)、声の出演をしたTVアニメーション「トロールズ:シング・ダンス・ハグ!」(18)など。父親のフォートソンが初めて監督、脚本、製作を務め、19もの賞を受賞した短編映画『Rated』(16)に、父、母、弟と共に出演している。

ハンナ

1958年、アメリカ、ネブラスカ州生まれ。TVシリーズ「チャイナ・ビーチ」(88~91)でエミー賞に輝き、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。大ヒットTVシリーズ「CSI:科学捜査班」(00~14)では、事件現場分析者として働くキャサリン・ウィロウズ役を演じ、エミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。その他の出演作は、ベン・キングズレー共演の『スピーシーズ/種の起源』(95)とその続編『スピーシーズ2』(98)、キアヌ・リーヴス共演の『死にたいほどの夜』(97)、ジュリア・ロバーツ共演の『エリン・ブロコビッチ』(00)、主演を務めたTV映画「パーフェクト・マーダー」(00)、ケヴィン・コスナー共演の『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』(07)など。

トレント

1989年、カナダ、トロント生まれ。ボストンのバークリー音楽大学卒業。音楽、映画、ダンスを始めとする複数の分野で活躍するアーティストで、ピアノ、ギター、バイオリンを弾き、英語、フランス語、北京語、韓国語を話す。2008年に韓国のポップ音楽グループ、SUPER JUNIOR-Mのメンバーとしてデビューし、それ以来、アジアにおいて高い人気を誇っている。韓国、タイ、シンガポール共同製作の『Final Recipe(原題)』(13)に出演し、ミシェル・ヨーと共演する。

グロリア

1986年、アメリカ生まれ。オフ・ブロードウェイの作品に出演し、ニューヨークで女優としてのキャリアをスタートさせる。TVシリーズ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」(17~)で、エミー賞、放送映画批評家協会賞にノミネートされる。その他の出演作は、TVシリーズ「ナース・ジャッキー」(13~15)、『トゥルー・ストーリー』(15・未)、TVシリーズ「マスターズ・オブ・セックス」(16)、「エレメンタリー」(15〜16)、リアム・ヘムズワース共演の『ロマンティックじゃない?』(19・未)など。

Staff

監督:

原作・脚本:

脚本:

 

 

製作:

製作総指揮:

 

 

 

撮影監督:

プロダクション・デザイン:

編集:

衣装デザイン:

音楽:

ゲイル・マンキューソ

W・ブルース・キャメロン

キャスリン・ミション

マヤ・フォーブス

ウォーリー・ウォロダースキー

ギャビン・ポローン

セス・ウィリアム・マイヤー

ラッセ・ハルストレム

ルーエン・ファン

ウェイ・チャン

ローヒエ・ストファース, ASC, NSC

エリック・フレイザー

ロバート・コマツ, ACE

パトリシア・ヘンダーソン

マーク・アイシャム